ペット飼育アドバイザーの勉強方法 その2

勉強方法の二つめ、通信教育で勉強する方法についてです。
メリットとしては何といっても、限られた時間を有効に使うことができるということです。資格取得をめざす方で、それだけに専念できる環境にある方はあまり多くないのではないでしょうか。正社員やパート、内職などの仕事を抱えていたり、高校や大学、専門学校などでの学業や部活動で毎日忙しかったり、あるいは小さいお子さんがいて子育てで忙しかったり、親御さんなどの介護で忙しかったり・・・など、人それぞれ様々なライフスタイルがあります。毎日毎日、自分のためだけに自由に時間を使える人というのは、よっぽど恵まれた人かもしれません。

そんな方には通信教育という勉強方法がベストでしょう。例えば社会人の方であれば、通勤の移動時間中を毎日の勉強時間にあてると決めて毎日継続して学習することもできます。通勤時間はテレビなどの誘惑もなく比較的集中しやすい時間帯ですのできっとはかどることでしょう。また子育て中のお母さんであれば、お子様が学校に行っている間やお昼寝している間など、本当にちょっとした隙間の時間も無駄なく勉強にあてることができます。このように、通信教育の場合、各自が自分のライフスタイルに合わせて学習をすすめていくことができるというのが最大のメリットです。



もう一つのメリットとしてはやはり、費用的な面で通学で学習する場合と比べはるかに安い授業料で学習することができるという点です。
ここでは敢えて金額は明記しませんが、通学にかかる授業料と、通信教育一式の授業料をご自分で比較されてみたらびっくりされると思いますよ。

通信教育のデメリットとしては、自分の意志で勉強しなければならないということです。家で勉強できる環境がない人や、ついつい自分を甘やかしてしまう人、なかなか机に向かって勉強するという習慣のない人などは、勉強を途中で投げ出してしまうことがあるかもしれません。通学の場合は無理にでも教室で授業が始まりますが、通信教育は自分の意志でテキストを開いたりDVDをスタートさせなければなりません。勉強しようとするためには自分で自分にスイッチを入れなければなりません。ですが、ペット飼育アドバイザーの資格に関して言えば、会社から命じられていやいやとるような性質の資格ではなく、むしろ自分がとりたいと思ってとる資格ですから、比較的モチベーションを維持するのは容易ではないかと思います。

一般社団法人 日本ペット技能検定協会認定の通信講座

下記の講座は、日本ペット技能検定協会認定の通信講座です。講座受講後は、ペット飼育アドバイザーのカリキュラム修了でライセンスが交付されます。
まずは、資料請求をして内容を確認してみましょう!



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ